然よかせっけん どろあわわ

然よかせっけんとどろあわわどちらが良いのか?【真実】

然よかせっけんとどろあわわ、どっち?

よか石鹸とどろあわわを比較すると、どちらも中々甲乙つけがたい洗顔せっけんなのは有名なお話し。

 

よかせっけん  どろあわわ

 

おそらくどちらも洗顔せっけんではトップ3に入る実力者の石鹸だと思います。素直にどちらも洗顔せっけんだと群を抜いて効果、効能、泡立ち、口コミ、実績、レビュー、売上ともに本当にすべての次元が高いです。なので結論からいうと「どっちを買っても正解!!!」これが答えです(笑)実際これに関しては私の素直な答えです。どっち使っても損ないです。

 

 

 

わたしは洗顔せっけんはそこそこ色んな物を買ってきましたが、やっぱりこのクラスになると別格。しかも価格もリーズナブルで間違いなく洗顔せっけんとしてのコスパは高いです。ただ販売実績としては然よか石鹸のほうが上回っているのでよか石鹸のほうがリピート率や購入者満足度は高いのかな?と言った具合です。※売上推移⇒よか石鹸:2200万個、どろあわわ:830万個【2017年11月現在】※

 

 

 

ただ、よか石鹸、どろあわわとも何度も言いますが、どちらを購入したとしても損はないと言えます。まず特徴としてどちらにも言えることですが、使用してみての顔回りにの鮮明度、透明感がグンッと差が出ます。ホントに使用してみてびっくりするレベルです。私も使用した際に、「本当に良い洗顔料ってこうゆうことだったのかぁ」と感心しました。

 

 

 

皆さんも今まで生きてきた中で、例えばおいしいラーメンを食べたとき
そんなとき一番今まで食べておいしかったラーメンの事を思い出してみてください。そのときに感じたことは
あっ、、、旨っ、、、」ただそう思ったと思います。

 

 

良い製品というのはこのように使った瞬間からすでに違いますし、使い終わってからも頭の記憶に残るものが本当に良い物だと思います。これは洗顔せっけんに置いても同じことが言えます。そして、あまりどうでも良い特に可もなく不可もなくといった商品に関しては記憶にすら残らないと思います。今まで私も色々洗顔料は薬局でもネットでも買ってきましたが、大半がこれにあたります。

 

 

よか石鹸は毛穴汚れどれほど取れる?

 

 

よか石鹸を使用していて、毛穴汚れを取ってくれるのか気になる人へ。
私がよか石鹸を買う動機としてもこの辺はすごく気になったところ。

 

通常の洗顔料を使用していると取れている?というよりもピリピリしたり刺激性が強くスッキリとした感じになるためこの辺のことが実際惑わされてしまうというかよくわからりにくいということが多いと思います。

 

 

ただ洗顔料であれば基本的にはそこそこ洗浄はされるものの方が多いように思えます。がしかし、洗顔料で一番気にするところは同時にもう一つあります。

 

 

肌ダメージ

洗顔料は商品によって刺激やダメージ力が全く異なるためこれが凄く大事な部分。こうゆうのを気にせずにいると、かえって洗顔料など使わない方がよいとさえ思います。

 

 

 

時々「私は洗顔料は使用していません、だけどスキンケアをキッチリおこなっています」という人はこの辺を知っているからです。

 

 

 

私も最初知らなかったのですが、いろんなものを検証していくうちにこの意味がわかるようになりました。なので、洗顔料選び…気をつけてください。話は戻して「じゃあ然よか石鹸はどうなの?」ということについてですが、これは素晴らしいと思います。

 

 

 

そういったことを製造段階で踏まえて作られているため「肌の洗浄力+肌ダメージ+顔肌に元々あるバリア機能などの保湿成分」をバランス良く考え作られたものだということが充分わかる洗顔石鹸です。

 

 

 

 

ホントに効果が優れているものなので、買って損したと思う事は少ない洗顔石鹸です。ニキビケアやスキンケア、化粧のノリがイマイチという人は一度使用したらかなり印象が変わると思います。
>>洗顔石鹸のよかせっけん通販購入について

 

 

それでも然よかせっけんとどろあわわの違いを敢えて述べるなら

前述したとおり”どろあわわ”と”よか石鹸”のどちらも素晴らしく優れた商品ですが、敢えて比較して答えを出すとしたら、「どろあわわは顔がかなり汚れてしまっている人汚れを除去したい。

 

 

 

肌質が比較的やや丈夫な人(普通肌から乾燥肌タイプ。敏感肌はどうかな?)」「よか石鹸は全体的に顔汚れをリスクなしで肌ダメージはとにかくリスクゼロに近い形でやりたい。肌質は特に敏感肌、脂性肌、乾燥肌、普通肌だれでもOK」といった感じです。あえて差をつけるこんな感じですね。「どろあわわの方が若干ですが、汚れ吸着は強いのかな?
という感はありますが、その分洗浄の仕方次第で肌にダメージを与える危険性もある」ように思えます。

 

 

 

 

次に然よか石鹸ですが、「よか石鹸のほうがどろあわわよりも差はほとんどないですが、汚れの吸着率は低いように感じますが、その分泡の柔らかさ、美肌成分の量を考えると肌がダメージを受ける可能性は限りなくゼロに近く、さらに全般的な肌質に利用が可能。」と分けられるように思えます。

 

 

 

ただどちらも他の洗顔せっけんや洗顔料と比べると、かなり差があるくらい素晴らしい商品なのでどちらも差がほとんどないと言ってよいほどです。何度も言いますが、よか石鹸、どろあわわのどちらを買っても損はないと思えます。

 

 

どっちの洗顔料買えば良い?

 

本当にどちらを買っても素晴らしい洗顔料です。しかし敢えて、私がおススメするとしたら、然よか石鹸です。
今もなお使い続けています。

 

 

然りよか石鹸はそれくらいなんか買う気を起こさせる洗顔せっけんです。
パッケージ、小包装なんかも何気に気に入ってます(笑)とにかくすべてのバランスが素晴らしいです。

 

 

 

実際洗顔料を使用した際にも肌汚れの吸着力は自分で調整できますし、そこでダメージが肌に及びにくい成分配合はやはりよか石鹸ならでは大きなメリットだといえます。何度もいいますが、然よかせっけんとどろあわわはどちらも素晴らしい商品です。なので一回使用すればわかるレベルなので、ずっと迷っているならまずは、「然よか石鹸を購入して、次にどろあわわを購入」してみてください。この辺は好みにも寄りますが、ワンポイント高い肌レベルを実現するにはどちらでも良いでしょう。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ